福岡市と北九州市内でがんと闘う免疫療法を行っています

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.093-511-2014

福岡県北九州市小倉北区浅野2-14-65 アパホテル小倉駅前1F

ANKがん免疫療法によるがん治療

ANKがん治療の特徴

ANK治療は、他の免疫療法よりも活性が高く、点滴の後に、悪寒や高熱が発生する免疫副反応がみられます。(その副反応は、患者様によって、大きく異なります)
これは、全身の免疫系が反応することにより、起こるものですが、一時的なものですので、熱が治まれば、後々の影響はありません。
ANKのがん治療は全身に作用しますので、分散したガンでも対応できます。一方、ガンは、性質を変えながら増殖する傾向があり、特に、転移ガンは、原発性のガンと、大きく性質が異なります。免疫療法の中でも、学習をした目標しか攻撃できない獲得免疫系(樹状細胞や、ガンワクチン、CD-3LAKとかT-LAKなど)と異なり、自然免疫系であるNK細胞は、異なる種類のガンでも攻撃しますので、手術後の転移対策にも対応できます。

ANKがん免疫療法の内容

1.患者さんの身体から成分採血7,000 mlを行い、NK細胞を含むリンパ球分画を採取します。

2.NK細胞の活性を最大限に上げながらNK細胞だけを選択的に増殖させます。
T細胞は増殖させません。一般法では2週間培養でT細胞が数千倍に増殖し、NK細胞は数倍しか増殖しません。
NK細胞は増殖が遅いため大量に採取しないと十分な数を揃えることができません。また、活性の上っているNK細胞を一度に大量に戻すと危険なので12回に分割して週に2回点滴で戻していきます。

ANK療法の流れ


ANKがん免疫療法の治療目的と副作用

治療目的

ANK癌免疫療法は、癌の種類を選ばず、どのような癌も治療対象になります。

白血病の場合は、血液中に大量の癌細胞が混入することがあるため、条件によっては治療不可、あるいは微妙な場合は試験培養を行い、治療可否判断をすることがあります。

副作用

副作用というのは一般に薬剤に因るものを言いANK免疫療法においては免疫副反応というものが生じます。
活性の高いNK細胞を患者体内に戻すと大量の免疫刺激系サイトカインを放出し体内で休眠状態にあるNK細胞を起こします。
免疫刺激系のサイトカイン類はほとんどが発熱を招くものですので免疫刺激の結果として、免疫副反応にて体温が上昇します。これは12本の点滴のうち2本目までのことが多く、 3本目からは微熱もしくは体温上昇を感じない程度になります。


ANKがん免疫療法にかかる費用

活性の高いNK細胞最大で10億個の点滴を週2回点滴で6週間 計12回

1回採取 1クール(12回分) 4,151,480円
1回採取 1/2クール(6回分) 2,158,240円
2回採取 1クール(12回分) 4,316,480円
試験培養 (4W+1W) 346,300円
リンパ球採取 165,000円
点滴費用 11,000円

症例によっては6回点滴 費用約215万円を行っています。 (再発予防など)


免疫細胞療法セミナー開催の日程

無料セミナー

毎日、福岡市や北九州市で無料セミナーがリンパ球バンク株式会社により開催されています。

プログラム内容

免疫療法の基本的な考え方、治療内容、 ANK免疫細胞療法が一般的な免疫療法とどう違うのか等を紹介します。
そして、保険診療に加えてがん消失に向け治療設計をどうするかをご説明いたします。
直近の日程はこちら


次にこちらをご覧ください→ がんと診断されて考えることは?


免疫細胞療法の資料請求はこちら

がん免疫療法の無料の資料提供を行っています。ご相談も無料です。