プラセンタの効果の一つに、体の免疫を上げ花粉症の体質を改善する効果が期待されています。お気軽にご相談ください。北九州市、福岡市、東京恵比寿で展開中!
プラセンタ効果で花粉症体質の改善をお勧めします。
お気軽にご相談下さい。
プラセンタで花粉症体質を改善 当院のご案内メディア・講演の紹介当サイトのサイトマップ問合せメール
ひわき医院TOPページへ 花粉症とは 花粉の飛散量と症状の関係 花粉症のメカニズム プラセンタで花粉症体質の改善を 花粉症Q&A 環境省花粉観測システム(はなこさん) プラセンタ療法 当医院に掲載中のサプリメントやドクターズコスメは、こちらのサイトから購入できます。
午前:9:00〜12:30
午後:14:00〜18:00


膠原病や癌治療の専門医
ひわきクリニック
〒802-0001
福岡県北九州市小倉北区
浅野2-14-65
アパホテル小倉駅前1F
Tel : 093-511-2014
プラセンタで花粉症体質を改善

花粉の飛散量と症状の関係

関東地方を例にとると、2月頃からスギ花粉の飛散が始まり4月下旬に飛散が少なくなります。そして、ヒノキ科花粉の
飛散がはじまり、5月末頃まで続きます。

くしゃみ、鼻みず、鼻づまりや眼のかゆみ・異物感などの症状は、花粉の飛散量に比例して悪化する傾向にあります。
最近のスギ花粉の飛散量

春のスギ・ヒノキ科花粉総飛散数は、昔に比べて増加している傾向にあります。

過去20年間の花粉飛散数を記録している千葉県船橋市を例にとると、1990年から1999年に
飛散した花粉量の平均より、最近の2000年から2009年に飛散した花粉量の平均の方が多くなっていました。

「花粉が少ない」と言われる年でも、昔に比べたら飛散量が多いこともあります。十分な対策を取るようにしましょう。
花粉症シーズンの「症状」と「日常生活の支障」

花粉症シーズンは症状がつらいけれども、忙しくてなかなか病院には行けないという患者さんもいらっしゃるでしょう。

しかし、つらい症状は集中力を低下させるなど、日常生活にさまざまな影響を及ぼします。

アンケート結果によると、治療を受ける前の多くの患者さんは、勉強・仕事・家事に支障を感じており、気分が晴れなかったりしていることが分かります。

しっかり症状を抑えて、日常生活の支障が軽くなるようにしましょう。

ピクノジェノール 60カプセル

花粉症対策にピクノジェノールを!!

ピクノジェノールはフランスの海岸の松の皮です。
抗酸化作用と抗アレルギー作用、抗炎症作用が強力です。
花粉症に対しては、朝3カプセルから6カプセル服用するといいみたいです。
抗アレルギー薬と違い、眠気の副作用もなく、効果は、速効性があります。
海外では保険適用のサプリメントです。

>>詳しくはこちら
膠原病や癌治療の専門医  ひわきクリニック
福岡県北九州市小倉北区浅野2-14-65 アパホテル小倉駅前1F
Copyright (C)2009 Hiwaki Clinic all right reserved.