当院は、膠原病や癌(がん)などの難病治療に取り組んでいます。お気軽にご相談ください。北九州市、福岡市、東京恵比寿で展開中!
経鼻内視鏡を行っております。お気軽にご相談下さい。

午前:9:00〜12:30
午後:14:00〜18:00


膠原病や癌治療の専門医
ひわきクリニック
〒802-0001
福岡県北九州市小倉北区
浅野2-14-65
アパホテル小倉駅前1F
Tel : 093-511-2014


経鼻内視鏡

 鼻からの極細内視鏡検査
鼻からの極細内視鏡検査について
胃の内視鏡は、口からだけでなく鼻からも行えるようになりました。径が5.9mmと極細になりましたので、非常に楽に検査を受けられます。
今までのような鎮静剤の注射は、まず必要ありません。舌には触りませんので、「オエー」とした嘔吐反応がでません。不快感もありません。軽い麻酔薬を点鼻するだけです。

視鏡検査中も、医師と話ができて安心です。検査終了後も咽頭には麻酔をしていないので、すぐに食事ができます。
当クリニックで、この鼻からの検査を受けられた方はみなさん「楽だった。」といわれています。
内視鏡の径は5.9mmと極細になりましたが、内視鏡の進歩により以前よりも鮮明で高画質になり、組織採取、液体噴射など、従来の機種と変わらぬ機能も備えています。
胃の中を十分に観察ができ、フイルムでなく電子媒体の画像を、電子カルテに保存しますので、他病院への紹介や経過観察するのにとても便利です。
 嘔吐反応(オエッ)がでません。少なく楽なんです。

舌の付け根に内視鏡が触れないので嘔吐感(オエッ)が少なく、患者さんは負担が少ない検査を受けられます。
    

 安心して検査が受けられます。

患者さんの負担も少なく、丁寧な検査ができて、ストレスも軽減できます。内視鏡検査中も、医師と話ができて安心です。
    


 身体への負担も少なくて済みます。

口からの内視鏡検査に比べて、麻酔の量が少なく、身体への負担も軽減します。


 すぐに日常生活に戻れます。

短時間で日常生活に復帰できて、食事も比較的早くとれます。意識下沈静法(セデーション)の内視鏡検査に比べて病院から帰れます。不快感もありません。

軽い麻酔薬を点鼻するだけです。検査終了後も咽頭には麻酔をしていないので、すぐに食事ができます。

当クリニックで、この鼻からの検査を受けられた方はみなさん「楽だった。」といわれています。
    

膠原病や癌治療の専門医  ひわきクリニック
福岡県北九州市小倉北区浅野2-14-65 アパホテル小倉駅前1F
Copyright (C)2009 Hiwaki Clinic all right reserved.