当院は、膠原病や癌(がん)などの難病治療に取り組んでいます。お気軽にご相談ください。北九州市、福岡市、東京恵比寿で展開中!
癌免疫療法(ANK癌免疫療法)やプラセンタ療法に力を入れています
アレルギー性疾患(アトピー・気管支喘息など)肝疾患(C型肝炎・肝硬変)
プラセンタで花粉症体質を改善 当院のご案内メディア・講演の紹介当サイトのサイトマップ問合せメール
ひわき医院TOPページへ 癌免疫治療 プラセンタ療法 ダイエット外来 ピロリ菌外来 ビタミンH注射 プロバイオテイクス 径鼻内視鏡 サプリメント ピアス 毛髪ミネラルチェック 当医院に掲載中のサプリメントやドクターズコスメは、こちらのサイトから購入できます。 午前:9:00〜12:30
 午後:14:00〜18:00
 膠原病や癌治療の専門医
 ひわきクリニック
 〒802-0001
 福岡県北九州市小倉北区
 浅野2-14-65 
 アパホテル小倉駅前1F
 Tel : 093-511-2014







T細胞系・・・T細胞、樹状細胞治療、NK-T、キラーT細胞、CTLなど T細胞は、ウイルス、細菌感染に関わる細胞です。
癌細胞の殺傷能力はあまり強くありません
癌細胞感知のセンサーは数個しか持っていませんので癌が突然変異を起こすと感知できなくなります。
T細胞の培養は簡単です。

NK細胞系・・・ナチュラルキラー細胞は、自然の殺し屋という名前の通り癌細胞殺傷が専門の細胞です。
NK細胞は、大顆粒を持ち、癌細胞感知のセンサーが数千あります。
癌細胞殺傷能力は強力です。癌が突然変異を起こしても感知して殺傷します。
培養が困難で、国内では、京都大の勅使河原先生、大久保先生しか、活性を上げたまま増殖培養できません。
凍結保存も可能です。・・・ANK癌免疫療法

ANK癌免疫療法セミナー情報をご覧ください。

ひわき医院では、癌治療に関して、京都の培養センターと提携したANK癌免疫療法で、着実に実績を重ね、
癌からの生還例を増やしています。

癌細胞を体内で殺傷できるのはNK細胞です。このNK細胞を体外で培養することは困難であると言われていましたが、
京都大学医学部が世界で初めて、活性を最大に保ちながら圧倒的な数に培養することに成功しました。

御自分のNK細胞を体外に取り出し培養して、戻すだけなので、副作用はほとんどありません。
現在、京都の培養センターと提携して治療実績を上げています。

特別なリンパ球採取装置特別なリンパ球採取装置を用いて、血液を7000cc体外循環遠心分離でNK細胞分画のみを採取します。
血液中には、体内1兆個あるリンパ球の1%しかありません。
これを、1000倍に増殖させます。
他の癌免疫療法とは、圧倒的に採取する量も違いますし、増殖倍数も桁が違います。
これだけのNK細胞の数を揃えないと、がんに立ち向かえないのです。

がん治療の未来 - ANK免疫療法の可能性

ANK療法とは
ANK療法の実際 

癌治療を今から始める人に。    癌手術後の再発予防に。    癌が再発した人に。
「再発・転移する〜がんと闘う最強の免疫細胞を使うANK療法〜」DVD付
この本の購読をお薦めいたします。                            
                                                  >>>購読はこちら 
「ANK免疫療法」詳しくは

プラセンタエキス注射とプラセンタインプランテーション注射の違い。

プラセンタエキス注射より強力なプラセンタ埋没(インプランテーション)で、 潰瘍性大腸炎、クローン病、膠原病、アトピー、喘息、脳脊髄液減少症などの難病治療にも 取り組んでいます。
(プラセンタ療法は、美容効果も抜群です。)         プラセンタ療法が有効な疾患はこちら

プラセンタインプランテーション効能は三つに大別
@ すべての組織の再生・・・スポーツによる肩痛、腰痛、膝痛、靭帯の摩耗などは、組織が再生し、元通りになります。
肝硬変、肝炎などの肝障害も肝臓が再生し、肝機能が改善します。また、慢性心不全、慢性気管支炎、肺気腫にも効果が著明です。

A 免疫状態の正常化・・・免疫異常で起こる疾患は、膠原病、アレルギー、アトピー、リウマチ、喘息などです。
これらを引き起こす、異常な免疫担当細胞をアポトーシス(細胞死)させるのがプラセンタです。
上記だけでなく、潰瘍性大腸炎、クローン病など完治例は多数あり、約9割の方が完治しています。

B 活性酸素除去・・・疲れや老化をきたす活性酸素を除去します。体の疲れが取れすっきりするのはこの効果です。

スポーツ外傷

各種スポーツにおける、関節周囲組織の摩耗から起こる障害は、温熱や湿布や消炎鎮痛剤では完治しないことがほとんどです。

たとえば、野球の投手によくおこる肩の鍵盤炎、肘の腱鞘炎、他のスポーツでもよくおこる膝の靭帯炎などは、完治するこ
とは無く、手術による腱の移植手術が行われたりします。

しかしながら、ヒトの胎盤の中には各種多様な再生に不可欠な因子が含有されており、これを皮下注射することにより
身体の故障箇所は、すみやかに再生を開始
し、元の組織に戻るのです。

過去多くのスポーツ外傷を治療してきました。そのほとんどが、使い過ぎ症候群と呼ばれるものです。

この治療には、プラセンタインプランテーションがもっとも適しています。
完治症例が圧倒的に多い疾患です。 多くのスポーツ選手に喜びのお声を頂いております。



プラセンタ療法が福岡でも受診できます。



 がん免疫細胞療法セミナーを開催いたします。 
   
 平成27年4月より東京恵比寿ひわきクリニックは第一、第二、第四の土曜日曜日に診療を致します。 
   
 癌免疫セミナーを毎月開催しています 
   

  週刊新潮2.21号 P134ひわき医院の胎盤埋没療法の記事が掲載されました。 

   
 天神ひわきクリニックがオープン!! 
  平成25年1月、天神ひわきクリニックがオープンします。
  ANK免疫療法の点滴戻しを行うクリニックです。
  福岡市中央区大名2−9−34 アクシブ天神702号    天神ひわきクリニック

   
 私が取材を受け、一部掲載された本が出ました 
   

   
 インフルエンザ予防接種が始まりました。
   当医院では、27Gの美容外科用の注射針を使用していますので、痛みがほとんどありません。

   
 脂肪融解注射の施術を行っております。詳しくはこちらをご覧ください。

   
 プラセンタインプランテーションでの治療例を掲載しました。

   
 膠原病(SLE)を発症してプラセンタインプランテーションで治癒した症例を掲載しました。
   膠原病治療の症例はこちら

   
 ロイテリ菌についての動画「ロイテリ菌と子供の健康」を掲載しました。

   
 雑誌「福岡経済」2010年6月・7月・8月号巻頭にひわき院長対談「ANK免疫療法最前線」が掲載されました。
  ※画像をクリックすると拡大されます
          福岡経済2010年6月号 福岡経済2010年7月号 福岡経済2010年8月号
           福岡経済2010年6月号        福岡経済2010年7月号        福岡経済2010年8月号
   
 「財界九州」の4/20発売、5号でANK癌免疫療法についての座談会が掲載されました。
   「財界九州」掲載記事はこちら!

   
 恵比寿ひわきクリニックの常勤・アルバイト医師を募集しています。
   詳細はメールでお問合わせください。

   
 ひわき院長監修のドクターズコスメ、HCジェル(フラーレン)が、Allabout に掲載されました。
   




癌免疫療法の中でも格段の免疫強化力です ひわき医院では、九州で最初に ANK癌免疫療法(癌免疫療法)を導入、多くの実績をあげてきました。

 癌免疫療法はこちら



プラセンタは、慢性疾患、難治性疾患に、また、アンチエイジング・美容のために、 プラセンタ組織皮下注射(胎盤埋没療法) およびプラセンタエキス注射を行っております。
 プラセンタ療法はこちら


プラセンタ療法が有効な疾患

脳脊髄液減少症慢性疲労症候群潰瘍性大腸炎クロ−ン病|高血圧症|低血圧症|
脳梗塞後遺症|心筋梗塞後遺症|狭心症 糖尿病|胃腸障害|胃十二指腸潰瘍|肝硬変|
慢性膵炎|便秘症|不眠症膠原病|高脂血症|自律神経失調症風邪症候群花粉症
精力減退|インポテンツ|リウマチ|アレルギー性鼻炎気管支喘息慢性気管支炎
アトピー性皮膚炎|パーキンソン氏病|片頭痛|慢性頭痛|五十肩|肩こり椎間板ヘルニア
腰椎椎間関節症|腰部脊柱管狭窄症|変形性脊椎症|脊椎分離・すべり症|坐骨神経痛
変形性膝関節症|月経痛、月経困難症月経前緊張症子宮内膜症、不妊症|習慣性流産|
つわり|冷え性|夜尿症| しもやけ、あかぎれ円形脱毛症蕁麻疹、乾癬うつ病
てんかん| 前立腺肥大| アレルギー性結膜炎|白内障|視力低下メニエル|歯槽膿漏|


※赤色は特に効果が著明
膠原病や癌治療の専門医  ひわきクリニック
福岡県北九州市小倉北区浅野2-14-65 アパホテル小倉駅前1F
Copyright (C)2009 Hiwaki Clinic all right reserved.