当院は、膠原病や癌(がん)などの難病治療に取り組んでいます。お気軽にご相談ください。北九州市、福岡市、東京恵比寿で展開中!
膠原病に関するご相談を受け付けています。
お気軽にご相談下さい。

午前:9:00〜12:30
午後:14:00〜18:00


膠原病や癌治療の専門医
ひわきクリニック
〒802-0001
福岡県北九州市小倉北区
浅野2-14-65
アパホテル小倉駅前1F
Tel : 093-511-2014


SLEを発症してプラセンタインプランテーションで治癒した1例  東京都在住、28歳女性の場合
  
膠原病(SLE)を発症ステロイド剤服用の不安膠原病治療にプラセンタ膠原病治療、その後
膠原病(SLE)を発症
2009年、全身の軽度の関節痛がときどきありましたが、ある日、右頬部に褐色調の湿疹ができたことに気付きました。

なかなか治らないので心配になり、近くの皮膚科開業医を受診したところ、膠原病かもしれないと、都内の、某大学病院内科を紹介されました。
血液検査や診察の結果、SLEと診断されました。

特定疾患であり、完治は困難であると告げられました。
ステロイド剤服用の不安
治療は、ステロイド剤の内服で経過を診て、効果が乏しければ、免疫抑制剤を内服するというものでした。
一生、このような薬剤を内服することと、その副作用を調べるにつれ、不安が増していきました。

膠原病治療にプラセンタ
家の人が心配してインターネットで検索し、膠原病にプラセンタインプランテーションが奏功することを本人に言いました。

どうせ治らないなら、この治療を受けてみよう、ダメ元だと思い、当クリニックを受診しました。

1本注射して、帰宅し翌日に右頬の湿疹が少し薄くなっているのに気がつきました。
その後、2週間に1度のペースで、プラセンタインプランテーション注射を行いました。
11回、終わった時点で、右頬の濃い湿疹は消失していました。
その頃には、関節痛も出現することはありませんでした。
 
膠原病治療、その後
そのあとは、プラセンタインプランテーションの回数を減らしましたが、全く再発なく、ステロイド剤の内服もせずに、健康に生活を送っています。
大学病院で、治らないと言われた膠原病が、完治したことに大変驚き、喜んでいらっしゃいます。

当クリニックでは、プラセンタインプランテーション(胎盤埋没)による多くの治癒例があります。

SLEであれば、今回ご紹介した女性のように数回のプラセンタインプランテーションで蝶形紅班は消失し、関節痛もなくなります。

膠原病に特異的な症状が、徐々に消えていくのは、この異常な免疫細胞が減少するからなのです。
そして、ほとんどの方が完全に治癒されます。

ただし施行回数には個人差が存在します。

プラセンタ療法の費用
初診料 2,000円
プラセンタのエキス注射1回2アンプル 2,000円
プラセンタインプランテーション1回
(埋没療法)
9,000円
500円(抗生剤&鎮痛剤)
にんにく注射1本 1,500円

膠原病の治療に関するお問い合わせは、お電話・メールでお気軽にどうぞ

膠原病や癌治療の専門医  ひわきクリニック
福岡県北九州市小倉北区浅野2-14-65 アパホテル小倉駅前1F
Copyright (C)2009 Hiwaki Clinic all right reserved.